【プレイ日記】Undertaleの血脈を継ぐ謎のゲーム『DELTARUNE』をプレイした感想・考察①~プロローグ編~

こんにちは、峰晃です。

 

Undertale公式から突如発表された謎のゲーム、『DELTARUNE』

 

f:id:yukino-hironaga:20181101110854j:plain

 

公式から24時間の「公の場での言及を避ける」つまりネタバレ禁止を言い渡され、あまつさえ

 

「これから起こることのすべてを受け入れていただきます」

 

と注意書きされるなど、UTのGルートにも似た不穏さバリバリのDELTARUNEのプレイ感想(+考察)です。

 

UndertaleとDELTARUNE双方のネタバレを多分に含みます。未プレイの方はプレイ後に読むことを強く推奨いたします。

 

ダウンロードはこちらから。

 

f:id:yukino-hironaga:20181101102916p:plain

 

インストールしたプログラムの名前はSURVEY_PROGRAM

 

何者かによる調査記録のようなもの……? なんでしょうか……。

 

プログラムと一緒に入っているライセンスにも、普通のライセンスではなく不穏な一文が。

 

f:id:yukino-hironaga:20181101103055p:plain

 

そもそもDELTARUNEとは、前作Undertaleのカメの店主から言及されている「王国の紋章」です。

 

トリエル、アズゴア、アズリエルのマーク、また城の意匠として地下世界に散見されます。

 

それらにも明かされていない意味や謎があるということなんでしょうか。

 

プロローグ

 

暗闇の中から聞こえる不穏な声。

 

その声に導かれて、プレイヤーは「器」を作ることになります。

 

しかしこれ、頭と身体はともかく足は見分けがつかない。

 

f:id:yukino-hironaga:20181101103140j:plain

 

決める必要あるかこれ???という気持ちになりつつも、謎の声曰くスバラシイフォルムを作成しました。

 

次に決めるのは器の「心」。プレイヤーと同じ心を作ってくださいと言われます。

 

  • 好きな食べ物の味(なぜか「痛い」とか「冷たい」とか不穏な選択肢がある)
  • 好きな血液型(なぜかCとDがあってOがない)
  • 好きな色(赤、青、緑、青緑とやたら偏ってる)
  • 「器」に授ける才覚
  • 「器」の出来栄えをみて(プレイヤーは)何を感じるか

 

この五つを選び、器を完成させます。

 

そしてまたもや不穏な選択肢ののち

 

f:id:yukino-hironaga:20181101103231j:plain

 

器の名前とプレイヤーの名前を決めて、ゲームスタート。

 

あえてここには書きませんが、ショッキングな目覚めとともに、自分たちは見覚えがあるようでない世界に降り立ちます。

 

f:id:yukino-hironaga:20181101103249j:plain

 

プロローグは基本的に自動的に進んでいきます。(ちょっとした自由行動中にあちこち調べることはできますが)

 

2周目以降の人にはちゃっかりスキップ機能あり。

 

f:id:yukino-hironaga:20181101103312j:plain

ベッドで二度寝すると、闇の世界落下までスキップできます

 

Undertaleをプレイした人には、どこか首を傾げる世界観。歯車がかみ合わない、しっくりこない、そんな印象を受ける世界です。

 

ていうかそもそも主人公が不穏の塊なんですよね。

 

f:id:yukino-hironaga:20181101103417j:plain

 

名前は入力したものに関わらず「クリス」で固定。

 

この見た目……シマシマの服……陰の浮かんだ顔……隣のベッドにはトロフィーやゲーム、音楽CDなど楽しいものがたくさんあるのに、こちらには血痕のような跡のあるさびた鳥かごひとつきり……。

 

f:id:yukino-hironaga:20181101103515p:plain

お前の顔を見たことがあるぞ

 

お前Charaだろ……?????

 

UndertaleGルートを経験した罪人には、まるで自分の罪そのものがそこに立っているかのようなじわりとした恐怖が付きまといます。最後まで。

 

トリエルに車で送られ(過保護なのには変わりないですね)、クリスは学校へ向かいます。

 

この時点でもう違和感。

 

f:id:yukino-hironaga:20181101103547j:plain

 

一見、Pルートで皆が地上から解放された世界のように見えます。

 

でもアズリエルが生きている。Undertaleで地底からモンスターを解放したのは、プレイヤーがどう動いたとしてもFriskであって、クリスではない。

 

Undertaleをプレイしていればいるほど、その違和感は積み重なっていきながら、物語は容赦なく進みます。

 

ちなみにクリスの綴りは「Kris」。FriskからFをとってKを頭に持ってくると、クリスにはなりますが……。

 

そして今作ヒロインがこちら。

 

f:id:yukino-hironaga:20181101103749p:plain

ヒロイン?のスージィ。女の子です。

 

紫色の……なんのモンスターなんだろう?

 

身体が大きく、暴力的な不良で、おやつにチョークを食べます。(オオカミかな?)

 

アンダインといい、Tobyは腕っぷしが強いカッコイイ女性が好きなんでしょうか。

 

f:id:yukino-hironaga:20181101103659j:plain

こっそりチョークを食べるスージィ。食べると退学らしいです。

 

「はい、二人組作って~」であぶれたクリスは、同じくあぶれた不良のスージィとペアになることになり、ついでに消えたチョークを物置から一緒に取ってくることも言い渡されます。(自分の手に負えないからって人に丸投げするのよくないよアルフィー……)

 

とにかく不良エッセンスの塊みたいなスージィなので、気に食わないものには暴力を振るいます。それはクリスに対しても例外ではありません。

 

f:id:yukino-hironaga:20181101103914j:plain

 

「モンスターは優しい心を持っている」というUndertaleで築かれた大前提が崩れる存在ですね。

 

震える生贄の如く、スージィとともにチョークがある物置へ向かいます。しかし様子がおかしい。

 

f:id:yukino-hironaga:20181101103950j:plain

 

「あ~~~~~これ絶対奥まで行ったら閉まるやつだ~~~~~」と思っていたら案の定。

 

クリスとスージィは、どこかへと落とされてしまいます。

 

f:id:yukino-hironaga:20181101104010j:plain

 

そして物語は地底世界ならぬ「闇の世界」へ。冒険が始まります。

 

今回はここまで!

 

 

次回は闇の世界に落ちたクリスたちが平原を抜けるまでになります。

 

しかしUndertaleでも思いましたが、Toby Foxさんのドットの描き込み具合が半端ないですね……。

 

全体的にキャラクターの頭身が上がったせいか、よりアニメーションが細やかになっているような気がします。

 

しかも恐ろしいことにこれ無料なんですよ……。

 

おそらく本編への足掛けというか体験版的な立ち位置なんでしょうが、それにしたってボリュームがすさまじい。

 

Tobyyyyyyyyyyyy振り込ませてくれ!!!!頼む!!!!金は出すから!!!!

 

まだまだDELTARUNEの冒険は始まったばかりです……。

 

それではまた!

コメント