『ふしぎの国のバード』を全巻無料で読む方法を調査!

こんにちは、峰晃です。

 

実在した女性冒険家、イザベラ・バードの日本縦断を記した『日本奥地紀行』がもととなっている『ふしぎの国のバード』

 

我々日本人の知らない日本を、イギリス人であるバード女史と同じ視点から見るちょっとふしぎな歴史マンガです。

 

気になってはいるけど、おもしろいかどうかわからないから買うのはちょっと……。

 

と思っている方のために、既刊を無料で読めるか調査しました!

 

結論として、全巻無料で読むことはできません。

 

ですが、1冊までなら無料で読むことができます!

 

この記事では、『ふしぎの国のバード』を無料で読む方法についてご紹介していきます。

 

『ふしぎの国のバード』を無料で読む方法

いわゆる電子書籍サービスをうまく使います!

 

登録でもらえるポイントを使って、無料で読みましょう!ということですね。

 

ふしぎの国のバードが無料で読める電子書籍サービスは以下のふたつになります!

 

  • いますぐ無料で読むなら → music.jp

 

今すぐ無料で読むならmusic.jp

music.jpは株式会社エムティーアイが運営する音楽配信サービスです。

音楽配信サービスですが、実は動画・書籍あわせて800万点以上を楽しむことができるんです。

music.jpなら……

  • 30日間無料体験あり!
  • 月額1922円(税別)
  • 動画・書籍あわせて800万点以上!

 

music.jpは、登録すると961ポイントもらえます。

 

1ポイント=1円として使えるので、『ふしぎの国のバード』をすぐに無料で1巻読むことができます!

 

music.jpに今すぐ登録する

 

無料期間内に解約すれば、お金も一切かかりません。

 

ふしぎの国のバードのあらすじと見どころ

荷物は行李ひとつぶん。お供は通訳ただひとり。

明治初頭、東京から蝦夷まで好奇心のおもむくままに地図なき道を旅した英国人がいた。

彼女の名前はイザベラ・バード。

消えゆく日本の文化を愛した、偉大なる女流冒険家!

--1巻帯より

 

実在するイギリスの女性冒険家、イザベラ・バード。日本に限らず、朝鮮やロッキー山脈、ハワイ等も旅し、それを探検記として記しています。

 

その中で、開国後の日本を横浜から北海道まで徒歩で旅した記録、『日本奥地紀行』をテーマにした『ふしぎの国のバード』は、維新以前の生活をまだ色濃く残した日本の、土地に根ざした日常を描いています。

 

現代とはまったく違う価値観の中で暮らす日本の人々を、現代的思考の英国人バード女史と同じ視点から見ることができる作品です。

 

バード女史の通訳として同行する、無愛想な伊藤鶴吉との珍(?)道中も微笑ましいです。

 

通訳されている時の日本語は続き字、英語はかなり読みにくい筆記体ですが、読もうと思えばなんとか読めるレベルに書かれているのもいいですね。

 

まとめ

『ふしぎの国のバード』が無料で読める電子書籍サービスを紹介させていただきました。

 

登録・解約は簡単なので、この機会に登録してみてください!

 

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました