【マンガ感想】ますます加速する山本さほゲームライフ!『無慈悲な8bit 2巻』

こんにちは、峰晃です。

 

先日の1巻感想から引き続き、『無慈悲な8bit』2巻の感想です!

 

淡々としながらもおもしろいので全然かまわないんですが、1巻よりもゲームの話題減ってるようなゲフンゴホン 

 

今回も印象的・自分の思い出がよみがえる回をピックアップしての感想です。

 

 

 

接待プレイの回

 

この回も「わかりみの極み~」みたいな謎の語彙で表現するしかないんですけどもね。

 

さほ先生の場合は1対1ルールのゲームでの話ですが、

 

4人とかのパーティプレイでもいませんでした? やたらひとりだけゲーム上手いやつ。

 

マリオパーティとかでいつもそいつだけ1位で他のみんながしらけるあの感じ

 

別に自慢でもなんでもないんですが、自分もこのやたらひとりだけずっと1位になってるやつで、

 

自分は全力でゲーム楽しんでるだけなのに、一緒にプレイしてるとだんだん一緒にやってる人たちがしらけていくので

 

そのうち人と遊ぶタイプのゲームをやらなくなりました。

 

MHP2ndなんか200時間くらいプレイして一度もマルチやらなかったですからね。

 

なんなら生命の粉塵がどういうアイテムかも知らず、集会所=村クエの難しい版くらいにしか思ってなかったですからね……。(自分で言ってて悲しくなる)

 

ほぼ全く同じ流れでゴッドイーターバーストくらいまではずっとソロでやってました。

 

っていう話を友人にしたら「寂しすぎる……」って言われました。

 

ゲームミュージックの回

 

思い出のゲームミュージックって、その人のゲームプレイ史に等しいです。

 

特に小学生~中学生時代くらいにプレイしたゲームの曲って、ものすごく記憶に残ってる率が高いように思います。

 

自分も心に残ってるゲーム音楽っていうと、そのへんの頃の曲が多いです。

 

自分の思い出のゲームミュージックリスト。

 

キングダムハーツ 「Dearly beloved」

 

タイトル画面からもう名曲とかいうストレート。

 

初めて起動してこの曲を聴いたときは、本当にどんな物語が始まるのかわくわくしたものです。

 

ストーリーを知ってから聴くとまた違うイメージになり、各シリーズ作品のアレンジ版でもそれぞれの作風が出てるのがスゴイ。同じ曲なのに。

 

ドラゴンクエスト6 「木洩れ日の中で」

 

街中の曲です。天空シリーズの中だと4、5に押されてちょっと影薄いところのある6ですが、

 

自分は初めてプレイしたのが6、一番やりこんだのも6、そして一番データが消えたのも6なので非常に思い入れ深いですね。

 

オープニングでのムドー城潜入のときとか、あわあわ船の曲とか、11でアレンジされたりした良曲もいっぱいあるのですが。

 

ハッサン・テリー・チャモロアモスとパーティのネタ要員も豊富なんですが!!!

 

ファイナルファンタジー7 「片翼の天使」

 

言わずと知れたゲーム史に残る名曲。

 

FF7自体、性癖を開拓された作品なので、作品自体が思い出深いというか早くリメイク出してくれ野村というコメントしか出ません。

 

子どもの頃、自分はピアノを習っていたのですが、

 

先生に駄々をこねて発表会でこれを弾いたのも、今では良い(良いか?)思い出です。

 

サガフロンティア 「Alone」「LastBattle -T260G-」

 

どうしても絞れなかったので2曲。

 

T260G編のラスボス曲は本当に大好きで、テクノ音楽に目覚めたきっかけのひとつです。

 

Aloneは生命科学研究所のBGMですが、あの背景を持ったあんなダンジョンのBGMに「Alone」ってタイトルがついてること自体がエモすぎてダメです。

 

好きになるに決まってるでしょ!!!!

 

BAROQUE~歪んだ妄想~ 「Hold baroque inside」

 

BAROQUE自体がマニアックなゲームなので、クリアした人はおろか、知ってる人でもこんなブログにたどり着いてくれるかどうかってレベルではあるんですが 

 

エンディングというか、スタッフロールで流れる曲です。

 

自分でもどこからこんなゲーム知ったんだか記憶にないのですが、不安定感と癒しを同時に与えてくれる不思議な曲です。

 

普通に聴くだけじゃ飽き足らず、ふと思い立っては、わざわざ起動して三属の剣+99(流星虫)と歪んだコート+99(腹痛虫+欲虫)ひっさげて神経塔駆け下りタイムアタックして聴いたりしてます。

 

 

挙げ始めたらきりがないのですが、曲名まで覚えてて今でも聴くってなるとこのへんでしょうか。

 

発売日を考えると世代じゃないんですが、みんな自分が小~中学でやってたゲームなんですよね~。

 

各作品への思い入れもまた、話し始めたらキリがなく……。

 

機会をつくってゲームへの感想も記事にします!

 

まとめ

 

自分が最近のゲームあんまりやれてないのでコメントしにくい回とかもあったりするんですが、(レインボーシックスシージとか、ヘビーレインとか、LIMBOとか)

 

やっぱりさほ先生自身が行動も思考もおもしろい方なので、ゲームに関係ない回もじわ~っとくる笑いが詰まってます。

 

山手線の回とか、詰めたらいい案になりそうなもんですけどね。ならないですかね

 

電子書籍版なら狂ったさほ先生(※全力で褒めている)がいつでも読める!

 

 

それではまた!

コメント