【マンガ感想】ふたりでひとりを装う狂気の双子によるシュールシリアス『ミギとダリ 1巻』

こんにちは、峰晃です。

 

今回の感想はあの怪作坂本ですが?』の作者が贈るシュールシリアス・サスペンス・ギャグ。

 

……と思いついた単語を並べてみはしましたが、ジャンル分けしがたい怪作。

 

ただし、アクセルを常に全力で踏み抜いていく勢いで人を選ぶ『坂本ですが?』と違って、

 

この『ミギとダリ』はかなり読みやすくなっているかと。(自分は『坂本』の勢いも好きですが)

 

相変わらず画力は素晴らしいです。

 

書籍版はこちらから。

 

あらすじ

 

1990年 神戸市北区。

アメリカの郊外をモデルに造られたニュータウン、オリゴン村。裕福な住民が暮らすこの町に、”ひとりの”少年が現れる。

子供のいない園山家に養子として迎えられた少年の名は秘鳥(ひとり)。

美しく聡明な少年・秘鳥に、園山夫妻はたちまち魅了されるが、秘鳥には、大きな秘密と恐るべき目的があった――。

 

神戸市北区のオリゴン村とかいうのが既にパワーワード感満載ですが、ストーリーは至ってシンプル。

 

園山家に養子として迎えられた美少年、秘鳥の正体は、全く同じ顔をした双子の少年、ミギとダリだったのです。

 

その容姿を生かし、入れ替わり、ふたりぶんの力を駆使して秘鳥を演じるミギとダリ。

 

深い考えがあるようで常識が微妙に欠けており、ちょっとしたことを大げさに捉えることもしばしばな双子と、

 

裕福なせいかやはり少し浮世離れした園山夫婦の、アンジャッシュ式すれ違いギャグとでも表現すればいいのでしょうか。

 

とはいえ、どこかの坂本と違って目的なくこのようなことをしているわけではありません。

 

ミギとダリの目的は、7年前のオリゴン村で亡くなった母の仇をとること。

 

この村でおそらく母を殺したであろう犯人を見つけ出し、ひとりの人間として復讐することです。

 

 

時に秀逸、時に狂った双子の入れ替わり術

 

ミギとダリはひとりの少年、秘鳥として園山家にやってきました。

 

実はふたりであることを誰にも悟られてはなりません。

 

あの手この手を使って入れ替わり、園山夫妻の好感を勝ち得ていきます。

 

この園山夫妻だったら、そんなことしなくてもミギとダリ両方受け入れてくれそうですけどね。

 

腕によりをかけて作った夕飯が残ってしまって、でもお腹がいっぱいで食べられない。

 

そんな時は料理を盛っているスキに入れ替われば食べられる。

 

生まれて初めての肩たたきをお願いされれば、背後に立って2人がかりで肩を叩く。

 

そこまでやらんでも、と思うところあれど、ミギとダリは基本的には園山夫妻を立てていく(子供とやりたいと思っていたことを叶える)というスタンスを崩さないのがいいところです。

 

1巻ラスト、秘鳥の歓迎会の回は、ミギとダリの知識不足による大きな勘違いであやうく夫妻に火をかけるところではありましたが。

 

園山夫妻に影響を受け、絆されていくミギとダリにも注目です。

 

2巻予告を見る限り、舞台は園山家から離れ、ボーイスカウトを含めた外部の人間との接触になりそうです。

 

次巻も楽しみです!

 

書籍版はこちらから。

 

それではまた!

 

 

コメント