【アニメ感想】ガイコツ書店員本田さん3話 A「仁義なき戦い」B「漫画迷子」

こんにちは!峰晃です。

 

アニメ、ガイコツ書店員本田さん3話の感想です。

 

今回の見どころはなんといってもフレデリック・トゥルモンドさん(声:ご本人)でしょう……。

 

まさかご本人お呼びするとは……。

 

 

A「仁義なき戦い」

 

おそらく関東近郊や、出版社が近辺にある地域でしか出会わないであろう営業さん。

 

地方には実際に出向いてくれるのかはよく知りませんが、

 

だいたいの営業さんは店頭に足りない本を直接注文受けてくれたり、

 

出版社の倉庫にはもうないので品切れ状態だけど、どこかから発掘して持ってきてくれたりするありがたい存在でもあります。(どこから発掘されてくるのかは謎)

 

あればもってきてくれるけど、なければ「ないです」の一蹴ですがね!!!

 

POP書きというかデザインが壊滅的な自分は、営業さんが持ってきてくれるPOPや拡材はありがたく使わせてもらってました。

 

特典のペーパーやらを送ってくるのがやったら遅いのは、思い当たるのは1社だけですね…………。(超大御所なので匂わせるのは控えます)(命は惜しい)

 

そして最大の見どころ、フレデリック・トゥルモンドさん。

 

実はちょこっとすれ違ったことがあるんですが、マジでこのまんまの超イケメン日本語ペラペラ超人です。バックヤードにぬっと現れた時の衝撃よ。

 

バンドデシネ(フランス漫画)はどちらかというと芸術寄りの作品が多く、アメコミと同じくフルカラー・でかい・いい紙と書店の棚を圧迫する存在ではありますが、

 

個人的に黒猫探偵のハードボイルドマンガ、『ブラックサッド』は超オススメです。

 

 

元ネタまとめ

魔法科高校の劣等生(いつかのクリスマスの人気ラノベ)

「さすがお兄様」で有名な俺TUEEE系ラノベ。この時はあればあるだけ売れた。

 

PSYCO-PASS(爆買いされた画集)

虚淵玄×深見真という絶望を呼ぶタッグで話題をかっさらったオリジナルアニメ。

アニメ画集・設定資料集・コミカライズ・ノベライズと関連書籍はめっちゃ売れた。

 

ラディアン(フレデリックさんがこっそり置きたい本)

フランス産少年マンガ。海外コミックとは思えないほどのジャンプ系絵柄で界隈を賑わせた。今期のNHKアニメでもある

 

 

ワンパンマン(フレデリックさんがこっそり隣にしたかった本)

ワンパンで敵倒せると有名なジャンプマンガ。表紙に主人公がいないことに定評がある。

 

B「漫画迷子」

 

1話「ヤオイガールズ」の回でも言いましたが、

 

www.gomokuma.com

 

「おすすめのマンガありますか?」って聞かれるのって、なかなか難しい質問だったりします。

 

今は群雄割拠のマンガ戦国時代

 

たとえマニアックな性癖であっても、探せば1冊くらいは見つかってしまうくらいマンガがあふれています。

 

特にジャンルを絞らず尋ねた場合、だいたいの店員は売れてるマンガをオススメすると思います。

 

そして、売れてるマンガ=その人の好みのマンガとは限らない……。恐ろしい。

 

「店員さんのオススメなのに全然面白くないじゃん」とか言われたら……プルプル。

 

ただ、今回の顔の強いフランス人おじいちゃん(神楽坂在住:原作より)のお孫さんには、

 

日本語の勉強という意味でも「ちはやふる」のチョイスはすばらしい選択ですね……。

 

元ネタまとめ

トーマの心臓(ラビットヘッドちゃんのおすすめ少女漫画)

萩尾望都の名作。いくつかのバージョンが出ているが、ほとんど全てで1冊完結。

 

塩田先生と雨井ちゃん(本田さんのおすすめ少女漫画)

元はpixiv連載の短編集。先生×女子高生のラブコメだが、背徳感はなく甘酸っぱい系。

 

式の前日(カミブクロ先輩のおすすめ少女漫画)

短いながら伏線とその回収が見事な表題デビュー作を含めた短編集。

 

夏目友人帳(オキツネ先輩のおすすめ翻訳あり漫画)

さんざんアニメ化している人気作。読んだことなくても、ニャンコ先生はどこかで見たことがあるのでは。

 

少女革命ウテナ(ホウタイ先輩の以下略)

同タイトルのオリジナルアニメを原作として、コミカライズはそのメディアミックス群のひとつ。これで百合に目覚めた人多数。

 

のだめカンタービレ( 〃 )

クラシック音楽が主題の少女マンガ。実写映画が成功した珍しい例。

 

赤ちゃんと僕( 〃 )

母を亡くした小さな兄弟がメインのホームコメディ。だがたまに話が重くなる

 

ちはやふる(ペストマスク係長の以下略)

百人一首が主題の少女マンガ。これも実写映画も含めて成功した。

 

ベルセルク(少女マンガを探していたはずの40代男性が買っていった)

ド級ダークファンタジー。連載はいつ終わるか全く未知数。

 

 

 まとめ

4話は原作でも人気だった「接客研修」の回。

 

偉い人に怒られたという内容はいったいどう改変されているのか、それともそのままを貫いたのか……!?

 

そこも含めて楽しみです!

 

それではまた!

 

2話の感想はこちらから。

【アニメ録】ガイコツ書店員本田さん2話 A「売り場のイカれたメンバーを紹介するぜ!」B「本と指示書と私」C「それいけ!アザラシさん」【感想】 – ゴモクマ書跡

コメント