【アニメ感想】ガイコツ書店員本田さん1話 A「お次でお待ちのお客様がイケメン」 B「ヤオイガールズフロムOVERSEAS!!!」

本田さん1話アイキャッチ アニメ感想

こんにちは、峰晃です。

 

今期アニメは楽しみなものがたくさんあってチェックも大変です。

 

なんてったって田舎はTOKYO MX系列映らないので……。

 

そんな逆境にめげず、楽しみにしていた元書店員としては見逃せない作品!

 

ガイコツ書店員 本田さん』アニメ1話の感想と、作中で出てきた作品(推定)のまとめです!

 

これね~、1巻出たときにめちゃくちゃ共感できるヤバいわかりすぎると当時勤めていた書店の店員、全員で頷きまくっておりました。

 

アニメ化告知からだいぶ経った気がしますが、やっと見られると思うとめっちゃ嬉しいですね!!!

Aパート「お次でお待ちのお客様がイケメン」

 

表題のイケメンの前に、本田さんのいる書店(コミック売り場)の紹介。

 

このマンガの量、本当にうらやましいですね~……。

 

自分が3年いた書店は主な客層が時代小説を買うじじばばだったので、小説スペースがだいたい1/3くらい、コミック売り場が占めるのは1/6くらいだったでしょうかね。

 

置きたいものはたくさんあるのに棚がまったく足りない……。

 

新しいレーベルがどんどんできても置ける場所がない……。

 

日々はパズルでした。ええ。どこの書店さんでもぶち当たる壁ではありますが。

 

ちなみにその書店での自分の担当は少女小説とBLコミック・小説でした。(他コミックはサポート程度)

 

閑話休題。

 

スマホの画面見せてくる人、ものすごく親切です。ありがたいです。

 

特にAmazonの画面見せてくる人最高超サンキュー

 

というのも、一般流通している本には必ずISBN(International Standard Book Number)という数字がついており、これは1冊につき1つ付けられています。

 

つまりISBNがわかれば本が特定できるのです

 

Amazonの商品ページにはISBNも記載されているので、それさえわかればすぐ検索で見つけ出せます。

 

日本で出版された本であれば、本についている2段のバーコードのうち上のほう、「9784~」で始まる数列がISBNです。

 

残念ながらこのイケオジ(の娘さん)が求めるウス=異本は一般書店では流通できず、ISBNもついていないのですが

 

娘さん、息子さん、お孫さんなどに頼まれて、自分でもよく知らないようなマンガを探しにくるお客さんは結構います。

 

外国人のお客さんは……大学が近くにあったので、日本語テキストを探しにくる人が多かったですね……。

 

Aパート元ネタまとめ(原作と作中表現から推定)

キングダム(カミブクロ先輩が全滅したって言ってて、ラストで大量入荷したやつ)

アメトーーークで紹介された結果死ぬほど売れ、全国書店で売り切れが続出した。

自分がいた店でも全巻大人買いが発生。大サイズの紙袋4つぶんである。

Vジャンプ(フルフェイス先輩が言ってたやつ)

遊戯王カードの付録により、冊数制限かけないと在庫あるだけ持っていかれがち。

なお複数買いを警戒してあらかじめたくさん入荷した結果、大して人気のないカードで売れ残ることもよくある

がっこうぐらし!(アニオタの孫がいるおばあちゃんが探してたもの)

銀魂の18禁同人誌(イケオジの娘さんの要望)

そういうお店に行けばいっぱいある。

ガンダム愛蔵版・スラムダンク完全版(外国人のオタクくんが探してたもの)

全巻揃った様は普通に鈍器

Bパート「ヤオイガールズフロムOVERSEAS!!!」

 

さて自分もBLコミック、BL小説は大好きなのでヤオイガールズの熱意、すごくよくわかります。

 

しかしこの海外勢はなんといいますか、海を渡ってきただけに強さが違いますね

 

いわゆるジャパニーズアニメのかわいい男性(Notショタ)は海外のお姉さま方には受けが悪いらしく、ガチムチ系が人気のようです。

 

だからこそ、数少ないジャパニーズBLのカワイイ男性を求めて、強いヤオイガールズがやってくるのかもしれません。

 

さすがに自分のいた店では見たことなかったですが……。

 

このジャンル、絵柄+数多のかけ算の末生まれる性癖が一致しないと即座に地雷になりかねない恐ろしいジャンルであり、

 

「なんかオススメ教えて!」

「あなたの性癖はどこにある……!?」

 

という心理戦に突入します。

 

ちなみにBLマンガ、BL小説の帯はマジで気が狂ってるとしか思えないパワーワードのオンパレードなので、書店で一回見てみるといいですよ。新世界が見えるから。(普通の帯もちゃんとあります)

 

Bパート元ネタまとめ(推定)

シグルイ(スウェーデン人の腐女子ちゃんリスト)

時代劇マンガ。文庫版も出てるくらいの名作。チョイスが渋い。

父●地獄

残念ながら寡聞にして存じ上げず。わかる方がいたらぜひご一報ください。

風と木の詩(スウェーデン人の腐女子ちゃんリスト)

竹宮恵子の名作。BLというより少年愛がテーマの耽美系マンガ。

あれよ星屑(スウェーデン人の腐女子ちゃんリスト)

敗戦直後の日本兵が主人公のブロマンス(男の友情以上愛情未満)マンガ。チョイスが渋い(2回目)

ヤングブラックジャック(スウェーデン人の腐女子ちゃんリスト)

医学生時代のブラックジャックを描くスピンオフマンガ。BJ(間黒男)のサービスカットが多い。アニメにもなった。

ヤリチン☆ビッチ部(BLコーナーで叫ぶふとましいヤオイガールが持ってるやつ)

おげれつたなか先生のギャグBL。タイトルはヤバいが中身は意外とピュア。

田亀源五郎(本田さんが思いついたBL作家)

田亀先生はBL作家というよりはゲイアーティストである。弟の夫は全人類読んで。

クロネコ彼氏シリーズ(本田さんがオススメしたキャットイヤーガイズラブストーリー)

自分は読んだことがないけど新刊が出るたびにやたら売れる人気シリーズ。
ちなみに作中の彼らにネコミミがついているわけではない。らしい。

まとめ

 

ほぼ原作に忠実に再現した短めの作品ですが、書店の裏側、厳しさ、面白いお客さんは本当にいるなどなど、これからも様々な裏側の話がいっぱい詰まっています。

 

意外といえば、本田さんの声が男性だったことですかね。(原作では明確に女性である表現があったので……)

 

動きと声がつくことでより強くなっていく本田さんの、ひいては同僚のインパクトが楽しみです。

 

それではまた!

 

コメント