雑記:発信するのが怖い、と思っている話

こんにちは、峰晃です。

 

自分は、実は発信することは怖いことだと思っていました。

 

今でもちょっと思ってます。

 

でもこうしてブログで積極的に発信し始めて、少しずつその気持ちが変わり始めています。

 

今回はそんな自分の心の動きの記録です。

 

 

出た杭は叩かれまくると思ってた話

 

いわゆる炎上案件なんかを見かけたり、リアルでもちょっとやりたいことなんかを口に出してみたら

 

「そんなことできるわけない」

 

「そんなの普通じゃない」

 

とか言われてると、とにかく人と違うことを考えるのは悪いことみたいな意識が働きます。

 

そうしてるうちに人間、なるべく自分に被害が及ばないように小さくなっていきます。

 

周りに合わせたり、思ってもないことに頷いてみたり。

 

でもブログで常日頃思ってたけど言えなかったことを発信してみたら、そんなことなかった。

 

誰も叩いたりしてこなかったです。

 

それはもちろん、見ている人が少ないというのもありますが、

 

言いたいことを主張しても叩かれたりしない、という事実だけで心が軽くなります。

 

 

自分は見られてるけど、見られてない快感

 

ブログを更新していると、大なり小なりアクセスが来ます。

 

アクセス解析を見ると数字は増えてるけど、別にコメントとかは来ない。

 

それがものすごく心地良いんですね。

 

見られてはいる、けど格別コメントするほどの反応はない

 

そこに存在しているのを否定されないだけで、心ってめっちゃ軽くなるんですよ。

 

実際、自分はブログ始めてからあんまり悩むことがなくなりました。

 

いやもちろん悩みが全部消えたわけじゃないんですが、なんかあったとしても「あ、これブログのネタにすりゃいいや」って気持ちで流せるようになります。

 

良かったことも嫌なことも、全部ネタとして転換できるようになるんですよ。

 

大概のことには動じないめちゃくちゃ強い人になれます。

 

 

まとめ

 

何が言いたいかと言うと、とにかくみんなブログやろうぜってことです。

 

現状、自分はブログを収益化して何十万稼いだとかいってるわけじゃないですが、

 

めっちゃ強い精神力の人になれるってだけでブログを始めない手はないです。

 

ブログを書いて、アクセスが1増える。

 

あなたの言葉を、無言の肯定で返す人の存在を認知できる。

 

そのためだけにでも、ブログを始めるべきです。アメブロでもはてなでもFC2でもなんでもいい。

 

あなたの言葉は、誰かに無言で肯定される価値がある。

 

ブログを更新し始めて変わった意識の話でした。

 

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました